>

計画的に返済すること

どのくらいの利息なのか

企業間融資で借りた資金は、返済しなければいけません。
さらに利息も追加されるので、前もってどのくらいの利息で企業間融資をしてくれるのか尋ねておきましょう。
そして返済は、期限が決められます。
その期限までに返済できるよう、計画を立てましょう。
無計画で返済していると、どのくらい負債が残っているのかわからなくなり、返済期限も忘れてしまいます。

期限を過ぎても返済できない、トラブルが起こるので気を付けてください。
1回でもトラブルが起こると、経営を続けられない事態に発展します。
もしスムーズに返済できるか不安だったら、期限を長く設定できないか相談しても良いですね。
相手と話し合って決められる面が、企業間融資のメリットです。

必要な金額を考えよう

できるだけ、少ない金額を借りることがポイントです。
借りる金額が少なければ、企業間融資を利用してもすぐに返済し終わると思います。
そこで経営状態の悪化を食い止めるために、また新しい事業を始めるためにどのくらいの資金があれば良いのか計算してください。
相手が貸してくれるからと、まとまった金額を借りすぎてはいけません。

さらに返済金額が少ないと、プレッシャーになりにくいです。
大きな負債を抱えているとそのことばかりが気になって、事業に集中できないかもしれません。
すると選択を間違えてトラブルが起こったり、せっかくの事業が失敗したりしてしまいます。
安心して経営を続けるためにも、本当に必要な資金額をしっかりと見極めましょう。


この記事をシェアする