>

資金不足に困った時の対応

頼れる企業を探す

企業間融資という資金調達の方法があります。
これは銀行などの金融機関ではなく、身近な企業から資金を融資してもらう方法で、普段から親しく関わっている企業なら快く了承してくれる可能性が高いです。
金融機関から融資を受ける場合は、厳しい審査を通過しなければいけません。

また審査が終わるまでに時間が掛かるので、すぐに資金を調達したい時は間に合わないかもしれません。
万が一の事態が訪れても冷静に対応できるよう、企業間融資という方法があると覚えておきましょう。
しかし、無理に資金を融資するように強要してはいけません。
相手が不快に思わないよう、丁寧に頼みましょう。
相手の企業が資金を融資してくれるかどうかは、こちらの態度で決まります。

コミュニケーションを取ろう

あまり関わりのない企業に、資金を融資してくれる企業は少ないです。
ですからこのような時ばかり頼りにしないで、普段から周囲の企業とコミュニケーションを取っておきましょう。
取引を重ねたり、相手が困っている時に助けたりすることで信頼関係を築くことができます。
周囲の企業から信頼されないと企業間融資をしてもらえませんし、取引も中止されてしまいます。

すると、今後の経営に大きな悪影響を及ぼすと忘れないでください。
また、普段の行いも大事です。
たくさんの負債を抱えていたり、真面目に経営していなかったりすると信頼を失い、周囲の企業が離れます。
会社を無事に経営するため、周囲から信頼されることが何よりも重要だと覚えておきましょう。


この記事をシェアする