融資を受ける際のポイント

企業間融資とはどんなもの

こちらの状況を細かく伝える

売り上げを高めるために、新しい事業計画があると思います。 それが細かく決まってから、企業間融資を利用しましょう。 何も計画が決まっていない段階で資金を貸してほしいと言っても、相手から不審に思われてしまいます。 そんなことにならないよう、計画を説明してください。

計画的に返済すること

企業間融資でも、利息が発生します。 ですから返済する時は、借りた金額よりも大きい金額になります。 調子に乗ってたくさんの金額を借りると、返済できなくなるので注意してください。 自分が確実に返済できるのか考えて、資金を借りすぎないように意識しましょう。

近くの企業に相談しよう

会社を経営していくためには、資金が必ず必要です。
足りなくなったら、資金調達の方法を考えてください。
金融機関から融資を受けても良いですが、その場合は審査を通過しなければいけないので、借りるまでに時間が掛かります。
それよりも他の企業に相談した方が、すばやく資金を貸してくれると思います。
これを、企業間融資と言います。
このような時に頼れるよう、事前に周囲の企業とコミュニケーションを取っておきましょう。

しかし経営状態がかなり悪化しており、返済の見込みが全くない企業には誰も資金を貸してくれません。
ですから悪化する前に、資金を貸してもらえないか早く相談してください。
また、事業内容などを的確に伝えることも重要です。
このような計画があり、成功すればこのぐらいの利益を得られ、しっかりと返済できるというように説明しましょう。

企業間融資でも、金融機関から融資を受けた時のように必ず利息は発生します。
ですから計画的に借りて、返済しなければいけません。
利息は企業が自由に決めるものですが、一般的に資金を貸す側の企業が利益を得られるぐらいの金額になっています。
あまりにも大きな金額を借りると、返済するのが大変になってしまいます。
返済し終わらないと相手の企業に迷惑を掛けますし、信頼も失うので注意が必要です。
そのため、確実に返済できるぐらいの資金だけを借りてください。
本当に必要な資金額ぐらいなら、借りてもきちんと返済できるでしょう。

資金不足に困った時の対応

資金を融資してくれるのは、金融機関だけではありません。 繋がりのある企業も融資してくれる可能性があるので、資金に困った時は相談してください。 こちらの状況を詳しく説明することで、大変な事態だとすぐに理解して、資金をすばやく貸してくれることが多いです。